凡人大学生が東海道五十三してみる【別離の10日目】

おはようございます!

1日目から「カツカレー」が食べたいと言っているけど10日目現在まだ一回もカツカレーを食べたいない男こーせいです。
#お金なし
#ここまできたら実家のカレーライスが食べたい

今日は

池鯉鮒(ちりゅう)宿〜桑名宿の47キロコースでした。

最悪のスタート

歩きはじめ2.3時間で10キロ地点を過ぎており、抜群の滑り出しだと思った矢先、

僕の足の親指に激痛が走り、テーピングを巻くことに。

待たせてしまうのは申し訳ないけれど、これ以上我慢することも逆に以後待たせてしまうと思ったので、そのタイミングにしました。

貼り終えて、数キロ進んだ後さらに、太ももがスウェットとすれて擦り傷ができていました。

これくらい大丈夫だろうと思っていたけれど、これがまぁ結構痛くなるんです。

最終的に痛すぎて歩けないくらいになり、包帯を買いに行ったりとまた足止めをさせてしまいました。

この2つから、今日の僕の調子は最悪になります。

直線22キロを歩く

そんな僕に待っていたのは、国道1号線沿いを22キロ連続で歩くというもの。

どれだけ頑張っても5〜6時間はかかる距離です。

これを乗り越えなければなりません。

僕はコンディションが悪かったのですが、友人はコンディションが良かったので、

歩くスピードが全然違います。

それでも負けるもんかと必死についていきました。

友人は、調子がいいから早く目的地に着きたい。そして長い距離を歩いてゆっくりめの休憩を取る。

僕は、調子が悪いから目的地に着くのはゆっくりでも構わない。そして短い距離を歩いて短い休憩を取る。

この考え方の違いから、僕たちは大きく離れて歩きます。

先々と進む友人にだんだんと腹が立ってきましたが、なんと声をかけたらいいのか分からずにそのまま離される一方。

他の人がこういう状況にある時は、

正直さはあらゆる問題を解決するから正直に伝えよう

「ただ、直接言うとよくないから、正直にいうことを先に伝えた上で言ってみよう」

と伝えるはずなんです。

だけど、それが自分に対してはできなかった

僕はまだまだ精神的にも未熟だなと思いました。

友人と考え方が違い、別々のスピードで歩いていくという10日目でした。

コラム:よむ、京大生

今日はほんとに疲れました、、。

しかも友人がそこまで疲れていないというのに、嫉妬しました、、。

で、今日食べた昼ごはんが美味しすぎました!

「しなの」という名古屋のカツ屋でそこの名物「わらじカツ定食」!

わらじカツ定食(1500円)

女将さん特製の「調味料」が肉厚のカツにベストフィット!この調味料はなんだろうなぁ。塩、胡椒、ブラックペッパー、レモン?が入ってた気がする。

例えるなら、餃子の王将の唐揚げ用の塩的な?

とにかく、もう一度食べに行きます!

しかも、東海道五十三次をしているというと、名刺をくれたり、「就職に強いぞ!」と励ましてくれたり、優しい大将でした。

次は嫁さんときてと言われたので、後10年以内に行こうかなぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA