凡人大学生が東海道五十三次してみる【魂の4日目】

おはようございます!


セブンイレブンで買った冷凍食品を、別のセブンイレブンで解凍してもらう大学生ことこーせいです。
#人ってあったかい
#快活にレンジないなんて知らないよ

今日もですねー!

東海道五十三次についてです!おそらく13日間に渡ります、、。(ぜひ付き合ってください)

最長コース駿河湾

実はこの歩き旅の中で、一番の長距離52キロを歩くコースです。

これまで44キロは歩いたことがあるので、50キロは前代未聞。天候は雨。体調は箱根後で疲労度はかなり高い。

そんなコンディションの中スタートしました。

最初から、鬼のような直前距離。多分10キロくらいあったのかなぁ、ひたすらに同じ道を直進。

歩いても歩いても歩いても同じ道

そんな道に歩き始めて2.3時間でほぼダウンしてしまいました。

見えるはずの富士山も雨で一つも見えずじまい。

東海道五十三次といえば?

という問いの答えが僕は富士山か箱根なので、悲しみが拭切れませんでした。

しかもまだ先は40キロほどある。

そんな状況を受け入れたくなくて、必死で歩き続けました。

イオンにすがる

お昼休憩をとるべく、イオンに向かって東海道を歩きました。

このイオンの遠いこと遠いこと、、、。

スタートとゴールのちょうど間にあるんです。その距離25キロ

疲労が限界に達していたため、すがる思いでイオンに入って食べたのは「かけうどん」

しみる〜

こんなにしみる、かけうどんはないんじゃないかという程、身に染みました。

だけど、疲れは取れないし、後半分も残っています。

予定到着時間は0時00分。

頑張って再スタートを切ります。

疲れている僕たちはお互い何も話さず無言で歩き続けます。顔を真っ赤にしながらペースメーカーの友人に合わせてついていきます。

途中で右股関節がピキッっという小さい音がなり、絶望を見ました。

これが結局響くんです。右足が思うように動かすことが出来なくなります。一歩が「100キロの鉄の足を足で運んでいる」感覚になるんです。

休みたいけど、ペースメーカーの友人が頑張っているのです。頑張りで負ける訳には行きません!

必死でくらいついて、いきました。

足は棒になっていました。10倍界王拳のような重さと電信柱のような棒の感覚。

一歩が重すぎる、、。

山地獄

歩き続けて11時間ほど、夜に山に到着してしまいました。その名も

さった峠

標高200メートルほどの山道を街灯もないまま携帯のライトだけで登ります。

怖さと痛さの最高のマッチング。

登れるはずもなく、、、

とはならず勢いだけで登りました。いや、魂だけです。今でも思い出したくない。そんな辛さです。

駆け抜けろ残り10キロ

峠を超えてからも残り10キロ。限界のまたその先の限界にチャレンジしました。

残り3キロで僕はペースメーカーの友人を抜いてしまいました。

ペースメーカーがダウンしちゃった、、。

「限界」と弱音を吐く。

そんな僕は、何を言ってあげたらいいかわからずに、ただただ側にいるだけでした。

残り2キロ。

こんなに、2キロが遠いと思ったことがない、、。ただ足を引きづりながら歩く。

ラスト1キロ。

快活クラブの標識がみえてきて、嬉しさが込み上げてくるのかと思いきや、

無心

マイナスの感情が大きすぎて喜べなかったです。

深夜1時前に到着しました。

足は痛くて歩けないし、マメはできるしで状態は最悪。明日は焼津までの25キロ。

歩く距離は短いからどうなるのだろう、、、。

コラム:よむ、京大生。

この日は人生で1番肉体的に辛かったかもしれません、、。

ここで、昨日のメモを残しておきます。ブログに書こうと思ったけど、書ききれなかったので、、。

疲れててすみません、!快活クラブは9時間がパック料金で5時間は寝たいので4時間しか作業できません、、。

風呂や晩御飯、ストレッチ、朝ごはん、支度、ブログなどしていると一瞬です!

東海道五十三次中は、まとまってない文章ですみません!!それもそれで楽しんで頂ければ嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA