凡人大学生が東海道五十三次してみる【応援の3日目】

おはようございます!
体力的にブログができないけど、それでもやる男こーせいです。
#自画自賛

今日もですねー!今現在実施中の東海道五十三次についての記事を書きます!

今日も数々のドラマがありました、、、笑

小田原(神奈川)→三島(静岡)の40キロコース。しかも箱根!

3日目はそんなルートでした、、。箱根という期待と疲労よ不安の感情が入り混じったスタート!

冒険の箱根山

小田原から箱根ですが、これは案外サクッといけました。

やっぱり、この歩き旅を計画する上で一番注目したのは箱根。

とにかく駅伝の地でカッコ良さそう!山やんすごいな!

そんな理由でした。

そうやって1番注目していたからこそ、小田原から歩き始めて、

箱根に着いた時は、やっと東海道五十三次をしている感覚になりましたし、この旅を応援してくれているように感じました。

(じゃあ今までなんやったねんってツッコミはなしでお願いします、、)

そして箱根は、全然温泉街じゃない、、。

もう、シンプルな山登りなんです。

急な登り坂や、岩、獣道など、国道とは遥かかけ離れたような場所を進んで行きます。

箱根の道中

もうね、少年心を鷲掴みにされました。

なんとアドベンチャーな世界なんだ!って。

ただ、石の段差といい、標高約1000メートルまで登ったりといい、あまりにもハードすぎました、、。

#足の疲労度過去1記録更新中

ハードすぎなので、少し休憩していると同じく山登りをしているおばちゃんが声をかけてくれました!

1日40キロ!?すごいね!頑張ってね!

この応援で、救われました。「よし!頑張ろう。」そう思えました。応援のエネルギーはすごい。

いざ静岡へ!

箱根山は山の途中で神奈川県から静岡県に変わります。

この「静岡県」という文字を見た時は、達成感と「まだ頑張ろう」そんな気持ちにさせられました。

これも看板の応援だったのかな?笑

正直、静岡に入ってからも疲労度は最高潮でした。

痛すぎて屈伸もできない、パンパンに張ってるふくらはぎとふともも、ずっと腫れている足首、リュックで潰せれそうな肩、おまけに氷点下の寒さ。

だけど、静岡県だし、これを抜ければ箱根を越えられる!という心。

そして、少年心を遊ばせて、友達と応援し合いながらだったからこそ歩き切れたと思います。

しかも、Twitterでのブロガー仲間の人に「若々しくて旅気分を味わえていいブログや!」って応援もらいました。嬉しすぎます!

3日目は色々な応援があったから「応援の3日目」

コラム:よむ、京大生。

実はこれを書いたのは夜の1時くらいで、頑張ったけど疲れ果ててて書終えられませんでした、、、、

なので、実はこれ、4日目を歩きながら残り半分くらいを書きました、、。

4日目、今はと言うと、、、、、絶望してます笑

おそらく1番長い距を歩かないんと行けないんです、、

なので、この記事は本気で頑張ったかなり渾身の記事です、、!笑

読んでくれてるありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA