凡人大学生が東海道五十三次してみる【満身創痍の2日目】

おはようございます!
今日も昨日の続きを書いていきたいと思います。
#挨拶が思いつかなかった

最高のスタート

朝起きると、やっぱり筋肉痛が、、、。

けど、思ったより少ないぞ?絶望の1日目を過ごしてこれこれくらいの筋肉痛か!

しかも、友人は筋肉痛なし。

最高のスタート!!

目標は東戸塚駅から小田原駅の44キロ!

満身創痍の昼休憩

意外といける?と感じた僕たちは、スピードを上げ、写真を撮りながら5キロ、10キロと進んで行きます。

10キロメートル歩くのは、ほんとにきつい。。。

昼休憩地点が26キロ地点で、このままのペースじゃ14時すぎになってしまうのでさらに加速して行きました。

だけど、なんでだろう。足の疲労が蓄積されて、膝、モモ、モモ裏、ふくらはぎ、すねが痛すぎる!!

友達は500メートルほど先に進んでいて、僕1人が取り残されるという状況!

最悪のシナリオです、、。

心優しい友達は、僕のことを待ってくれていたのですが、友達も友達で脚の痛みが最高に達している。

2人して、最高の痛みの中やっと昼休憩場所「松屋」に着きます。

豚丼が最高にしみました!

満身創痍は永遠か

昼休憩が終わり、ペースと休憩をもう一度考えて

「25分で2キロ歩く、5分休憩」

のペースが最適だと決定しました。

3.4回は上手くいくのですが、5回目以降、疲労で25分すらしんどくなっていくんです。

しかも、脚全体の痛みは何故か足首の痛みに変わるんです、、。ほんとに不思議。

その足首の痛みに耐えられないけど、耐えながら、だって進むしかなく、ただ進む。

途中で、命の助け綱。サポーターを購入。最強すぎる!!ほんとに神商品!!

神商品

だけど、痛くとも痛がらず、湘南の海沿い歩き続ける。

この足の痛みは永遠なんだろうか。13日間もずっとこの痛さじゃあ、本当に途中で離脱してしまいます。

それくらい、痛すぎます。

歩くことを通して、日頃から行っている家族との遊びや友人達4.5人で自転車を漕ぐとか

そういう、時間の共有なんかをなんなくこなしている人間って素敵だなぁって思います。

車のディーラーなんかは、大きな買い物の接客をしていたり、バーベキューを楽しんでいたり。

そんな些細なことでも、人間って素晴らしいし、尊いなぁと思います!

今日は、待ってまっした箱根です!どんな1日になるんだろう。

それでは素敵な1日に行ってらっしゃい!!

コラム:よむ、京大生。

いやぁ、一言きつい。

これが2週間も続くのは正直考えられへん、、。

明日は明日の風が吹くという感覚に無理矢理なっているようだ、、。既に満身創痍。

よし、今日は箱根!気合を入れて頑張るぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA