凡人大学生が東海道五十三次してみる【絶望の1日目】

おはようございます!
「好きな食べ物何?」の答えに迷うのが嫌いで、ツッコミどころがない「クリームシチュー」で答えを用意してるこーせいです。
#かなり無難

今日はですねー!

東海道五十三次の1日目について書きたいと思います。

いや、もう「今日はですねー!」とかいうテンションではないくらい、絶望しました。

やめよう!寄り道

朝7時から早速、僕たちは日本橋から40km先の神奈川県「戸塚」に向かって勢いよくスタートを切りました。

さすが、東京です。見るもの見るもの全てが高層でブランドばかり。

そんな、建物に見惚れた田舎者の僕たちは、「レインボーブリッジ」に行こうとなります。

往復3km。まぁこれくらいいいでしょう。

が、後々大きな判断ミスになります。

レインボーブリッジに到着すると、結局遊歩道は営業時間外で閉まっていました。

なくなく引き返すことに、、。

そこから品川に向かって歩きますが、一向に着かない、、

品川は日本橋から三条大橋まで53個の中間地点があるうちの1つで1番目

その1番目に全くつかないんです、、、。(日本橋〜品川 8キロ)

シンプルに疲れが来てて足取りが重たい、、。

2番目の中間地点の川崎なんてもっと着かない。(品川〜川崎 10キロ)

川崎に着いた頃には、体力が限界で7時に出発したのに14時だったんです。

昼は500円でご飯おかわり自由の定食を頼んだのに関わらず、しんどすぎておかわりできない、、。

今日の予定は5番目の「戸塚」まで行くはずだったのに2番目の川崎で限界を迎えます。

一歩の重さ

2番目の川崎で限界を迎えた僕たちは、足を引きずりながら、励ましあいながら、地図を見ながら、雨に打たれながら歩きます。

ほんとにしんどい。ふくらはぎは内側から膨らむ痛さで、太ももは前側がピキッーとなる感じ。肩はリュックで重たいし、体力は奪われる一方でした。

ほんとに一歩が重かった。

ちなみに今日の総距離は39キロメートル

13日で東京から京都まで着くには平均的な距離。しかも1日目でとても元気だったのにも関わらず平均距離で限界。

この先ほんとに絶望です。

やる気も力も沸き起こらない。そんな状態で今、寝床の快活クラブのマッサージチェアーで1時間マッサージしております。

寝床の快活クラブ(東戸塚駅)

人間ほんとにつらいと癒しから逃れられません

さぁ、僕たちは一体どうなるんでしょう!

僕にも分かりません!今日は昨日よりも5キロ長い44キロメートル!やってやろうじゃないか!

コラム:よむ、京大生。

いやぁ、ほんとにきつい。これ。笑

早稲田大学の人のnoteで一日80キロとか行けてたから、僕らも40キロは余裕じゃないかと完全にみくびってた。

だけど、ほんまに甘くなかった、、。笑

今、めっちゃしんどい。よっしゃ2日目乗り越えられると後が強いから、今日が勝負や!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA